ストレス解消できますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS スピード。

<<   作成日時 : 2008/04/18 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

きっと大勢の人が感じているであろうこと。

「もう4月も半分過ぎちゃった。 早いな〜。 つい、この間、正月だと思ったのに。」

大人と子供の時間の感じ方は違います。
子供の頃の1年間は、とてつもなく永く感じたのに、
大人になってからは、「あっ」っという間だと感じます。

これは、子供と大人の経験の違い、
つまり、「1年」というものを、まだ数回しか経験していない子供と、
何十回と繰り返して来た大人との違い、だとも言われます。
それだけ、子供時代の1年間は「濃密」であるからだ、と。

でも、私は時々考えます。

「本当に、人によって、時間の”早さ”が違うんじゃないか?」って。 (・−・)?

人間では解り辛いですが、
例えば、小さなネズミと、大きなクジラとで、
「1時間」は、同じだと思えるでしょうか?

ちょっと、私には同じだとは思えません。
感覚的な問題に過ぎないと言われればそれまでですが。。。
(実際、時間とはそういうものなのでしょうが)

また人間の世界に戻ると、
例えば、新製品の開発に忙しい企業と、
私のような、自然のサイクルに合わせたお仕事とでは、
全く時間の感覚は違うでしょうし、
滞りがちな国会運営を観るたびに、
政治の世界の「遅さ」も感じます。
世間との「スピード感」が違うんじゃないか?と思ってしまいます。
「まあ、政策を拙速に決められるの困りものだよ。」
と言う意見もありましょうが。。。

だから何?
と言うわけではございません。

ただ、「時間」というものも、不思議なものだな〜と。
それだけのことです。

でも、そう思いません?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今日のヤツ凄くイイですよ!
読んでて考えさせられました。
確かに大晦日に紅白が始まった頃に
外出したのが、今さっきのように感じましたが
4ヶ月も経ったんですよね・・・・・
うーん振り返れば色々あったような、
無かったような・・・・・
クジラとネズミは時間の単位を変えるべきですよね。
1クジラ分・・・・1ネズミ分って感じで。
これ!!さかざきさんの着眼点スゴイよ!!
ちょっと興奮してきた!
きっと人類でさかざきさんが初めてと思うよ!
頑張って発表しましょうよ。
さとり
2008/04/18 21:52
何かあったのかなあ?(一日に記事二つ書いているしなんだか意味深な気がして)とちょっぴり心配しちゃいました。
時間ってみんなに平等にあるんだけど、自分の置かれている状況で速さが違うと思うなあ。でもこれは感覚の問題ですかね。時々子供といると3歳の子だと「この子の1年間ってこの子の人生の3分の1なんだな」と思ってしまいます。
しい
2008/04/19 08:01
「ゾウの時間ネズミの時間」という本があります。
動物の寿命を心臓の打つ速さ(回数)で比べると
大体同じ回数が寿命となるという説が書いてある本だそうです。
ゾウの心臓はゆったり=長生き
ねずみは早い=短命
けれど、一生分の時間感覚は?
私は触りをTVか何かで聞いただけですが。
同じ1ヶ月も心臓が子どもよりゆっくり打つ大人は
早く感じ、早く打つ子どもには長く感じる。
心臓基準で時間感覚があるとすればそうなりませんか?
この説を聞いたとき、子どもの頃の一日が長かったこと。
次の誕生日が途方もなく待ちどおしかったことが思い出され
ものすごい納得した気分になりました。
ユウユウ
2008/04/19 16:49
>>さとり さんへ
そう、もう四か月ですよ、四か月。
うっかりすると、
あっという間にオリンピックが終わってそうです。
それどころか、
え〜っ!もう12月? みたいな。
それはいくらなんでも気が早いでしょうか?
この考え、
どうやら、人類初では無いようです(笑)
色んな「何の足しにもならない事」
を考えるのは楽しいものです。
「それに何の意味があるの?」
と言ったらお終いです。
さすがに発表は出来ませんが(笑)
さかざき
2008/04/19 17:56
>>しい さんへ
御心配ありがとうございます!
特に何もありませんから、
大丈夫ですよ。(^ ^)
ブログを始めてもうすぐ一年ですが、
未だに書くことに統一性が無いんですよね〜。
頭の中と同じで、ゴチャゴチャしてます。
>>「この子の1年間ってこの子の人生の3分の1なんだな」
そう、そういう事ですよね。
トータルした時間のどれくらいを占めているか?
で、一年間の長さの感覚は変わりますよね。
さかざき
2008/04/19 18:04
>>ユウユウ さんへ
「ゾウの時間ネズミの時間」、
確かにそういうの聴いたことありますね。
それが記憶のどこかに引っ掛かっていたかもです。
心臓を打つ速さ、回数、のお話も、
同じように考えてました。
心臓以外の動きも、
ネズミはちょこまかとせわしないですし、
象はゆっくり、ゆっくり動きますよね。
明らかに、彼らを「取り巻いている時間」は違って見えます。
子供と大人の時間感覚の違いも、
心臓の打つ速さで見ると、これもなるほどですね。
「経験の差」だけでは無さそうですね。
面白いです。
さかざき
2008/04/19 18:16
素晴らしい見方ですね。
意識の違いによって、時間の感覚が違う・・。
おそらく、それは身体的にも影響が
あるのかもしれないですね。

自分のやりたい事を追求し行動的な人は、
そうでない人と比べて、
外見も身体の機能も、
同年代の方に比べて良いケースが多い気もします。
「時間の捉え方」
これは非常に重要な概念なのかもしれないですね。
takatakago
2008/04/19 18:34
>>takatakago さんへ
実際の時間感覚の違いも面白いですし、
人それぞれに持っている「時間に対する意識」の違い。
これもまた面白いですね。
時間を大切に使える人は、
充実感を味わったり、楽しんだり、
また、成功する可能性も高いでしょうし、
結果的に身体にも、精神面にも
「良い影響」を与えるでしょうね。
時は金なり・・・・・
どころでは無いくらい、時間は貴重ですね。
さかざき
2008/04/19 19:46
とっても違うと思いマス!!
仕事中の1時間と、家でのんびり・・・も、同じ人間でも違いませんか?(自己チュウな意見ですいません・・・)
なんだか、読んでちょっと考えちゃいました
rei964
2008/04/19 21:32
ちょっと違った観点ですが・・・

脳の組織って生まれたと同時にどんどん死んでいくらしいですが、人とのつながりや、人生の楽しみ方等で、消滅スピードは違うそうですね。わくわく、ドキドキ生きていると、新たな細胞が生まれるって話もありますね。
40歳あたりから、その差は目立ってくるそうです。

充実して生きているかによって、細胞の年の取り方が違うって事も、面白いですね^^
主任
2008/04/20 18:25
>>rei964 さんへ
そうですね。
楽しい時間は早く過ぎるのに、
お仕事中は時計がなかなか進みませんよね。
「時間」が実体の無いものとすれば、
短く感じている時間は「短い」し、
「永い」と感じるなら「永い」んだと思います。
(自分で何を言ってるのか解りません(笑))
さかざき
2008/04/20 21:54
>>主任 さんへ
積極的で、前向きで、元気が良いと、
身体の方にも良い影響を及ぼすかもしれませんね。
好奇心は、特に脳を活性化しそうです。
人間の身体は実に不思議ですね。

消極的で引っ込み思案な私は、
ちょっと不安。。。
楽しめる「新しい何か」を見つけたいものです。
さかざき
2008/04/20 22:01

コメントする help

ニックネーム
本 文

おすすめリンク

sammy

フライヤー・ポスター

沖縄旅行のツアー

★【モダンアジアン】a.flatソファ

★【モダンアジアン】a-flat雑貨

自動車保険

不動産担保ローンの融資

植毛



ブログライター

ライター案件豊富です。
ブログミ。

★ 【PR】ブログへ
  記事を投稿して
  報酬ゲット!
  アフィリエイトのA8.net

★ リンクシェアなら
  1円から報酬ゲット

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ
スピード。 ストレス解消できますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる